あおきさとこAOKISATOKO

あおきさとこの作品は、感情・音・匂いなどの「目には見えないもの」をテーマにしている。

“ 具象と抽象の間 ”を行き来するような不思議な線画は、作家の脳内で日々溢れてくる 騒音が元になっており、変動し続けるそれらは、見る度に発見があって飽きさせない。

騒音というネガティブだったものも、アートとして表現するとポジティブな 想音へと変わっていく。

その独特な世界感を通じ、心持ちが前向きになれるような物語性を感じられる作品をつくり続けている。

 

近年では、アクリル絵具にキャンバス地という絵画ではポピュラーな素材を用いて、友禅染のような線描や、染め特有のぼかしや絞りを再現する等、染めている時に感じた「染色の良さ」をふんだんに盛り込んだ作品をつくっており、それは元染色作家として、染色の概念に焦点をあてた「染めずに染色を表現する」という新しい試みである。

略歴

2021年
「 美の起原展 」大賞 
「 Independent Tokyo 2021 」審査員特別賞
2018年
「 Independent Tokyo 2018 」審査員特別賞
「 京都府新鋭選抜展 」京都文化博物館 毎日新聞社賞

aL展示・販売会

2024/6/7〜2024/6/16
あおきさとこ 個展『あおきさとこ 個展』

主な展示会

2024年
「 あおきさとこ個展 – 春の声 を 染める – 」(GALLERY HEPTAGON , 京都)
2023年
「 あおきさとこ個展 – 音を染める – 」(ART GALLERY UMEDA, 大阪)
「 あおきさとこ個展 – 音を染める – 」 (ALL DAY GALLERY, 東京)
2022年
「 あおきさとこ個展 – いま 残したいものをつなぐ –」(美の起原, 東京)
「 あおきさとこ個展 – みえないものをみる – 」(gallery201, 東京)