筒井 文那TSUTSUI Fumina

静岡県出身。
東京工芸大学卒業。

幼い頃から絵を描くことが好きで、ずっと描き続けてきました。多岐にわたる趣味に没頭してきましたが、絵に対する情熱が長く続いていました。

以前は精神的に不安定な時期があり、不安な時ほど良い絵が描けると感じていたのですが、克服するにつれて絵をあまり描けなくなっていきました。そんな時、お話を作ってそれに基づいて描くことを思いつき、今のスタイルに至ります。近年は、祖父や一緒に暮らしていた犬や小鳥が相次いで亡くなったことも大きく影響しており、元々死について描くことが多かったのですが、死や生、記憶や存在など、以前よりも広い世界を描くようになりました。

作品に対するこだわりとして、かわいさと寂しさ、悲しさのバランスに気を付けています。特に力を入れているところとして、顔のパーツの位置についても、かわいさを追求するために何度も描き直し、調整しています。顔のバランスについては、アメリカの画家マーク・ライデンから大きな影響を受けました。

作品の中に、寂しさと悲しさを含ませていますが、それらをかわいさで包み込んでいます。私の作品を見て下さる方には、かわいさの部分に隠れている寂しさや悲しさを見つけてほしく、そして胸の奥にキュッとした痛みを感じてもらいたいのです。

aL展示・販売会

2024/4/5〜2024/4/14
空間彩添(後半)『空間彩添(後半)』
2023/6/7〜2023/6/25
筒井 文那 個展『筒井 文那 個展』
2023/2/11〜2023/2/26
StarT.『StarT.』

主な展示会

2023年
「日本當代藝術2023」(A4 gallery, 台湾)
「枕元に沈む国」(marienkafer, 東京)
「ME BEFORE YOU」(Gallery Daisy, 韓国)
「KITAKAZE」(Maizon Osmen, フランス)
「StarT.」(aL Base, 東京)
「A4 WALL MATSUYA GINZA」(松屋銀座3階ゲストラウンジ, 東京)
2022年
「いちご狩り展」 (ぎゃらりぃあと, 大阪)
「個展 ゆりかご」 (gallery hydrangea, 東京)
「ドローイング展」 (marienkafer, 東京)
「あしもとにゆらぐ」 (京都府立植物園, 京都)
2021年
「人魚展」 (ArtComplexCenter, 東京)
「森の木霊」 (green&garden, 京都)
「ドローイング展」 (marienkafer, 東京)
「まぼろし王国」 (SUNABAギャラリー, 大阪)
「Langue」 (ぎゃらりぃあと, 大阪)
「瞼に滲む灯り」 (marienkafer, 東京)